2011年03月20日

かぼちゃの保存方法

夏になると、非常に多くの野菜が旬を迎えます。
いわゆる夏野菜と呼ばれる野菜群ですね。
非常に栄養豊富な野菜が多く、夏になると、夏野菜を使用した料理が食卓を彩る家庭が多いことでしょう。

その中でも、かぼちゃは夏野菜の代表とされている野菜です。
ビタミンの豊富さは随一で、カロチンを筆頭に、ビタミンC、E、食物繊維、カリウムと、栄養満点の食材となっています。
がん予防にも最適とされ、美容、老化防止にも良く、女性にもおすすめです。

そんなかぼちゃの保存方法ですが、まるごと一個を購入した場合はそのままむき出しで問題なく、風通しがよく涼しい場所に保管しましょう。
サランラップを巻いたり、新聞紙で包んだり、冷蔵庫に入れたりする必要はありません。
ただし、カットした物を買った場合、使用して残りを保存する場合は、種やわたの部分をくりぬき、ラップで包んでから冷蔵庫の野菜室に保管しましょう。

かぼちゃの冷凍保存方法は、スライスするか一口大に切るかしておく必要があります。
塊をそのまま冷凍庫に入れるとすぐに劣化するので、まずは小さく切っておきましょう。
そして、そのまま冷凍します。
ラップに包んでも問題ありません。

煮物を作った場合は、その煮物を冷凍保存することもできます。
そのままお皿に入れて冷凍しましょう。

解凍する場合は、てんぷらなどに使用するのなら自然解凍してから使用しましょう。
煮物やスープに使用する場合は、冷凍したまま入れて問題ありません。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たけのこの保存方法

たけのこは、野菜の中でも特に保存が難しい野菜と言われています。
基本的には、保存向きの野菜ではありません。
そのため保存方法も、他の野菜と比較するとやや難しくなってきます。

たけのこは、栄養面ではカリウムと食物繊維が豊富で、便秘やダイエット向きの食べものと言われています。
生活習慣病の予防や、動脈硬化、大腸がんの予防にもつながるので、子供はもちろん、大人も積極的に摂取したい野菜です。
味は淡白で食べやすく、八宝菜をはじめ中華料理によく使用されます。
ただ茹でて、甘辛いタレで食べるだけでもかなり美味しく食べられるので、子供が摂取しやすい野菜とも言えます。

たけのこを選ぶ際には、まず切り口を見ましょう。
切り口がカサカサになっているものはNGです。
みずみずしいものを選びましょう。
穂先が黄色になっているものがよく、緑色のものは避けた方が無難です。

保存方法としては、すぐに茹でることが重要です。
購入する時点で茹でているものも多いですが、もし生のたけのこをもらった場合は、すぐに中を取り出して切り、茹でておきましょう。
下茹でをして、水に浸し、冷蔵庫に保存することで、それなりに長持ちはします。
ただし、水は定期的に取り替えましょう。

たけのこの保存期間は、一週間から10日が限界です。
これ以上は、茹でて水に浸けていても持ちません。
尚、サランラップなどで保存することはできないので、他の野菜と同じように保存することは控えましょう。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そら豆・えんどうまめ・グリーンピースの保存方法

そら豆、えんどうまめ、グリーンピースといった緑色の豆は、皆春野菜です。
これらは子供が苦手とすることの多い野菜ですが、上手く調理することで好きになる野菜でもあります。
それぞれに風味に特徴があるので、それを消すことが重要ですね。
逆に、大人には人気の高い野菜と言えます。

保存方法は、それぞれに特徴があります。
まず、そら豆は乾燥を防ぐためにラップをし、冷蔵庫で保存します。
えんどうまめの場合は、さやに入れたままにしておく方が長持ちします。
どうしても出してしまいたい場合は、ボールの中に水を張って、その中に豆を浸しておくと良いでしょう。
グリーンピースは、袋の中に入れて冷蔵保存しておけば問題ありません。

これらの豆の共通している点は、冷凍保存が向いているという点です。
いずれもそのままではなく、熱湯で少しだけ茹でてから冷凍保存すると良いでしょう。
かなり長持ちします。
解凍は、自然解凍が一番良いようです。

これらの野菜は、非常に栄養価が高いことでも知られています。
そら豆はたんぱく質が豊富で、さらにビタミンB群やC、カリウム、鉄まで摂取できます。
えんどうまめもビタミンが豊富です。
一方、グリーンピースは食物繊維が豊富です。
豆類の特徴として、豆が小さいほどビタミンCとカロチンが豊富になるので、グリーンピースはそれらの栄養素もたくさん備わっています。

共通しているのは、食物繊維の多さとビタミンの豊富さです。
便秘解消には最適ですし、風邪をひいた時などにも有効です。
美容にも良いので、女性におすすめの春野菜です。
保存方法を吟味し、これらの栄養素を保つようにしましょう。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスパラガスの保存方法

数ある春野菜の中でも、特に人気の高い野菜として知られているアスパラガス。
子供から大人まで、クセのない甘みのあるアスパラガスは幅広い人気を得ています。
ビタミンB1、B2などの栄養価も高く、茹でて食べても野菜炒めなどに入れて食べても美味しいので、特に子供に食べさせる野菜として重宝されています。

そんなアスパラガスの保存方法は、やはり乾燥しないことが第一です。
アスパラガスは非常に鮮度が落ちやすく、放置しておくとすぐに味が落ち、見た目も悪くなります。
野菜スティックなどに使用することも多いアスパラガスは、どれだけ鮮度を保てるかが命です。
そのための保存方法としては、ラップやビニール袋、新聞紙などに包んで冷蔵庫に入れておくことが一番です。
また、稲先を上にして立てるようにして保存した方が、鮮度が保て、美味しく食べられます。
ただし、早めに食べることを心がけましょう。

アスパラガスを冷凍保存する場合は、まず軽く茹でます。
茹で過ぎると傷みが激しくなりやすいので、注意しましょう。
沸騰したお湯に20秒ほどくぐらせれば問題ありません。

茹で終わったら、しっかりと冷まします。
そして水気を切ってフリージング袋の中に入れ、冷凍庫内で保存しましょう。
水気を切っておかないと、冷凍保存でも長持ちしません。
すべての工程をしっかりしていれば、ひと月くらいは風味を保てます。

アスパラガスは、新鮮さが命の野菜です。
ただ、中には筋のある食べにくいものもあるので、買う際には注意が必要です。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セロリの保存方法

野菜スティックなどに使用されることの多いセロリは、春野菜の一つです。
苦味が強いので、子供にあまり好かれることがない野菜としても有名ですね。
その一方、マヨネーズとの相性がとてもよく、女性には人気があります。
基本的には保存方法がやや難しい野菜なので、まとめ買いはしない方が良いかもしれません。

セロリの栄養素としては、カリウム、カルシウムが多く含まれています。
特にカリウムはかなり多く、塩分の排出や高血圧の予防などに向いています。
また、香草の一種でもあるので、精神を落ち着かせる作用もあります。
そして、女性に人気のある一因として、生理不順の改善という作用があることも挙げられます。

そんなセロリの保存方法ですが、最も重要視すべきなのは乾燥を防ぐことです。
セロリは水分をかなり多く含んでいるので、乾燥するとすぐにしなびてしまいます。
また、食感が大きな魅力なので、それを損なわないためにも、本来は買ってきた日に食べてしまうのがベストです。

それでも保存する必要が生じた場合は、新聞紙を水で湿らせて包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存しましょう。
この場合は、野菜室がベストです。
また、翌日に使うのならば、切り花と同じ要領で水を入れたコップに差しても問題ありません。

セロリは生で食べることが多い野菜ですが、実は油との相性が良いので、炒め物にも向いています。
また、漬物のように酢漬けにしても美味しく食べられます。
保存食にするならば、これが一番良いかもしれません。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまねぎの保存方法

日本で最も消費量が多い野菜とも言われている、たまねぎ。
実際、たまねぎを使う料理は非常に多く、特に肉類との相性は抜群です。
同時に、保存方法を誤ると危ない野菜の一つでもあります。

たまねぎは、ビタミンB1、B2、カリウムを多く含んだ野菜で、血液をサラサラにする効果もあるので、身体には非常に良いといわれています。
肉体疲労の回復にもつながるので、日々の仕事や勉強、部活で疲れた家族全員に最適な野菜と言えます。
また、利尿作用があるので、新陳代謝の向上にも繋がります。

調理法としては、ハンバーグをはじめ、様々な料理にみじん切りしたものが使用されます。
加熱することでかなりの甘みが出るので、生食よりも火を加える料理に使用されることが多いですね。

そんなたまねぎは保存方法を誤ると芽が出て伸びますが、これはまだ問題ありません。
しかし、放置しておくとドロドロになり、腐ってしまって悪臭を放つことになります。
それを回避するためには、まず風通しの良い場所に保管すること。
皮がついたままのたまねぎは冷蔵庫に入れず、常温で保管しましょう。
ビニール袋などに入れておけば、冷蔵庫に入れても問題ありません。
皮をむいている場合は、ラップにくるんで冷蔵庫に保管しましょう。

たまねぎは、冷凍保存にはあまり向いていません。
まるごと冷凍というのは基本的にできないので、冷凍保存する場合は、スライスしてそのままラップに包んで冷凍庫に入れましょう。

最大の敵は湿気なので、湿気から守ることさえ念頭に置いておけば、基本的には保存は簡単な野菜です。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャベツの保存方法

春野菜の中でも特に多くの家庭で使われるキャベツ。
各ビタミン、カロチン、カルシウム、カリウム、鉄など、様々な栄養素を含んでおり、また胃腸の調子を整える野菜としても有名ですね。
風邪を引いた時、あるいは美容にも良いと言われています。
さらに、なんといっても味が優しく甘いため、子供でもほとんど嫌いな人はいない野菜としてかなり重宝されています。

そんなキャベツの保存方法は、乾燥させないことが第一です。
そのため、新聞紙で包むのがベストです。
サランラップでも問題はありません。
外側の傷んだ葉は、早めに取っておいたほうが良いでしょう。

キャベツの保存方法として有効なのは、芯をくりぬき、ペーパータオルを湿らせてくり抜いた穴に詰め、冷蔵庫内で保管するという方法です。
これだとかなり長持ちします。
逆に、冷凍には最も不向きな野菜なので、調理した物以外は冷凍しない方が無難です。

キャベツを長期保存する場合は、温度を0〜5℃に保つことが最も有効です。
芯の部分を下にすることで、葉の傷みを最小限に抑えることも忘れないようにしましょう。
野菜室がある冷蔵庫ならそこに入れておいてもいいですが、通常の冷蔵庫スペースの方が温度的には向いています。

保存に適したキャベツを選ぶには、まず中の葉が傷んでいないことが第一ですが、同時に重いキャベツを選ぶことも重要です。
重いキャベツにはそれだけ葉が詰まっていることになりますが、それだけではなく、乾燥していないで水分がしっかり含まれていることにもつながります。
そうしたことから、できるだけ重いキャベツを選んで買うことがポイントです。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野菜は保存食

人間が生きていく上で、欠かせない栄養素はたくさんあります。
その中でそれらを効率よく摂取していくには、日々の食事でバランスよく野菜を食べるのが一番です。
近年ではサプリメントの開発がかなり進んでおり、サプリメントによる栄養摂取が浸透してきていますが、やはり自然食で賄うのが最も身体に良いことはいうまでもありません。
野菜をしっかり摂ることが、健康を確保する最大の手段と考えてください。

そんな日常生活に不可欠な野菜ですが、気候などによって価格がかなり変動することは、主婦の皆さんにとっては常識かと思います。
場合によっては、同じ年度で倍以上価格差が生まれることもありますね。
そのため、安い時には買いだめをしたくなるものです。
また、家庭菜園で野菜を作っている家庭では、収穫の時期に一気に野菜が家の中に増えてしまうことになるでしょう。
あるいは、親しい人に農家の人や家庭菜園が趣味という人がいる場合、たくさん野菜をもらうケースもあるかと思います。
その結果、しなびさせてしまい、すぐに捨ててしまう家庭が増えています。
これはかなりもったいないことですね。

そこで、保存方法を知ることが重要となってきます。
野菜の保存方法はそれぞれ異なり、覚えるのは難しいですが、しっかりと把握すれば、もらった野菜、収穫した野菜、買いだめした野菜を無駄にしなくて済みます。
また、保存方法によって味や栄養素にも大きな差が出てきます。
野菜をどうやって保存するかということは家族の健康にも影響してくるので、しっかりとその方法を覚えておきましょう。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚の卵ソースかけ

アウトドアでは魚というと、串にさして塩焼きに! というのが定番です。それもなかなか野性味たっぷりでおいしいのですが、アウトドアで夜空を見上げながら、おしゃれにワインを傾け・・・というのもたまにはいいのでは?
そんなときに白ワインにぴったりなのが、この料理です。とってもおしゃれなのですが、つくり方はいたって簡単! 道具も、大きな鍋がひとつあればOK!

魚は、そのときの魚釣りの収穫次第というところでしょうか? 自分で釣った魚なら何でもきっとおいしく召し上がれます!
アウトドアでなくても、新鮮なサケやタイを丸ごと一匹使えばそれこそ豪華なパーティ料理になります。

魚をつかったアウトドア料理レシピ 魚の卵ソースかけ

◆材料(4人分)
・魚(ニジマスや川マス、鮎など)・・・4〜8尾
・ローリエ、タイム(できれば生)・・・適量
・コンソメスープの素・・・4個
・白ワイン・・・3カップ
・レモンまたはライム・・・2個
・塩、コショウ・・・少々

☆卵ソース
・魚のゆで汁・・・500cc
・卵・・・3個分
・バター・・・250g
・塩、コショウ・・・各少々

☆飾り用・・・レモン(またはライム)

*用具:タコ糸、なべ(魚がそのまま入る大きさのものが良い)

<つくり方>
1.魚は、うろこと内臓を取ります。腹のなかの水気をふいてから、タイム、ローリエを詰め、タコ糸でしばります。
2.なべに1の魚を入れて、スープの素、白ワイン、塩、コショウを入れ、水をひたひたになるまで加えます。
3.レモン(またはライム)の輪切りを4〜5枚のせてふたをし、弱火で約20分ゆでます。
4.卵ソースをつくります。魚のゆで汁に卵を混ぜて湯せんにかけ、とろりとしてきたらバターを少しずつ加えていきます。塩、コショウで味をととのえます。
5.ゆでた魚のタコ糸を取り、お皿に盛ります。4の卵ソースをたっぷりとかけ、レモン(またはライム)の輪切りを添えていただきます。
posted by jin at 01:41| アウトドア料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国風お好み焼きチヂミ

チヂミは、小麦粉を溶いてねぎやニラなどの野菜に、あさりやエビ、タラ、カキ、などの魚介や、牛肉を入れて鉄板で焼く、韓国風のお好み焼きです。ごま油で香りよく、パリッと薄く焼き上げるのがおいしさのコツ!
薬味ソースは、お好みでしょうゆベース、酢醤油、あるいはコチュジャンなど・・・。アウトドアでは、鉄板で焼きながらいただくのがおいしいですが、フライパンで焼いて出してもいいでしょう。

鉄板で作るアウトドア料理レシピ 韓国風お好み焼きチヂミ

◆材料(4人分)
・アサリ(むき身)・・・100g
*豚肉、牛肉、エビ、カキ、など、何でもOK!
・万能ネギ・・・2束
*ニラやセリでもおいしいです!
・ごま油・・・大さじ4
・パプリカまたはピーマン・・・1個

*生地
・薄力粉・・・160g
・卵・・・1個
・水・・・160g(薄力粉と同量)
・しょうゆ・・・小さじ2
・塩・・・少々

*薬味ソース(お好みで)
・しょうゆ・・・大さじ4
・すりゴマ・・・小さじ4
・ニンニク・・・すりおろし少々
・ネギ・・・みじん切り
その他、酢しょうゆ、みそなど・・・。
*必要な調理用具・・・鉄板(フライパン)

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.アサリのむき身は塩少々をふって軽くもんでおきます。
2.パプリカは細切りに。
3.万能ネギは根元を切り落として3〜4センチに切ります。

◆調理
4.ボウルに薄力粉を入れ、溶き卵を加えます。
5.水を少しずつ加えながら泡だて器でよく混ぜます。
6.塩、しょうゆを加えます。
7.6に万能ネギとパプリカを加えます。
8.鉄板(フライパン)を熱し、ごま油を入れて7を薄く敷き、両面をカリッと焼きます。
9.お好みの大きさに切り分け、ソースを添えて召し上がれ!
posted by jin at 01:41| アウトドア料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。