2011年03月20日

大根・かぶ

冬野菜の代表でもある大根は、鍋料理や煮物に多く使われ、特におでんやぶり大根といった料理で大人から子供まで非常に幅広く人気を博しています。
大根は根菜の中でも特に消費量が多いので、重宝する家庭も多いでしょう。
その大根とよく似たかぶは漬物にして食べられることが多く、酢漬けは特に人気があります。

そんな大根とかぶは、見た目だけでなく保存方法も同じです。
大根、かぶの保存方法は、新聞紙で包んで野菜室に保存するのが基本となります。
この際に注意するのは、葉っぱが付いているかどうかです。
葉がついていると早くしなびてしまうので、長期保存する場合は切っておきましょう。
スーパー等で売っているように、茎の部分を少しだけ残して切れば問題ありません。
葉の部分は食材として使えるばかりか、大根に関しいえばこちらの方が栄養が多いくらいなので、同じく新聞紙に包んで取っておきましょう。
味噌汁に入れたり、漬物にしたり、鰹節と混ぜて食べたりすると美味しいです。

使いかけの状態で保存する場合は、切り口の乾燥を防ぐために濡れたペーパータオルをあて、ラップをしてから冷蔵庫に保存します。
大根は切り口から早くしなびるので、しっかりと乾燥を防ぎましょう。

大根やかぶは、冷凍保存も可能です。
冷凍での保存方法は、千切り、いちょう切りなどにして小分けし、そのままラップに包んで保存します。
茹でる必要はありません。
ただし、水分はしっかりと取っておきましょう。

大根おろしにしたものを保存する場合は、冷凍保存が有効です。
既にすりおろしてある食材はあっという間に傷みますが、冷凍保存ならある程度持ちます。
こちらも水分を切り、ラップに包んでから冷凍庫に入れましょう。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。