2011年03月20日

ほうれんそう・小松菜

旬の野菜は、単純に味が良いというだけではなく、栄養も豊富です。
特にそれが顕著なのがほうれんそうで、冬のほうれんそうは夏のほうれんそうの3倍のビタミンCを有していると言われています。
よって、旬のほうれんそうを摂取することは、健康面で非常に効率が良いと言えるでしょう。
また、同じく冬が旬の小松菜も、非常に栄養価の高い葉野菜なので、この二つは冬の間になるべく摂っておきたい野菜です。

ほうれんそうは緑黄色野菜の代表で、ビタミンCやB1、B2、カリウムの豊富な食材です。
そしてそれ以上に、鉄とカルシウム、さらにはマグネシウムや銅といった、なかなか普段摂れない栄養素を確保できます。
また、小松菜はほうれんそうの3〜5倍のカルシウムを含んでおり、こちらも非常に栄養豊富です。

ほうれんそう、小松菜の保存方法は、いずれも同じです。
まず、根元を乾燥させないように濡らしたペーパータオルや新聞で包み、それから全身をラップで包みます。
そして、根元を下にして野菜室に保管しましょう。
根元だけでなく、全体を濡らした新聞紙等で包んでも問題ありません。
この場合はラップだと難しいので、ビニール袋に入れます。
尚、より長持ちする保存方法として、ビニールに入れる際に袋をある程度膨らませて閉じるという方法があります。

ほうれんそうや小松菜は、冷凍保存も可能です。
冷凍保存する場合は、まず塩を少し入れたお湯で茹で、その後すぐ冷水で冷やし、水気をしっかりと取ってから保存用の容器に入れて冷凍します。
冷凍保存の基本である小分けもしておきましょう。
冷凍した場合は、ある程度風味は落ちますが、汁物に使う分にはそれほど影響はありません。
posted by jin at 01:45| 野菜の保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。